体験者が紹介する無料のアダルトサイトの危険性や違法性について

  • HOME  >>
  • 無料アダルトサイトの違法性  

無料アダルトサイトの違法性

無修正のアダルト動画を入手しようとした場合には意識しなければならない法律や入手経路の注意点があります。詳細は後で説明しますが、ポイントは「個人で楽しむ目的でのみ所持するならば合法」言いかえれば、それを無償であっても他人に配布したり、インターネット上で公開した場合、それは違法になるということです。※今後の法改正その他の事情により、その合法性が変動する可能性があることをご留意ください。

無料アダルトサイトにかかわる法律


インターネットでアダルト動画を楽しみ前に知っておくべき法律が2つあります。また、この法律をちゃんと理解することで無料の無修正アダルト動画に手をつけることがどれほど危険なのかを理解してください。大事な法律は以下の2つです。

  • わいせつ物陳列罪
  • 児童ポルノ禁止法

刑法175条のわいせつ物頒布罪(わいせつ物陳列罪)について

無修正のアダルト動画を見るにあたって最低限知っておく必要がある法律問題等について解説していきます。刑法175条には「わいせつ物頒布罪(わいせつ物陳列罪)」という罪が記載されています。まずは、無修正の動画を安全に楽しむために抑えておくべき最も基本的な法律である、刑法175条について解説します。

内容は、「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする」といったものです。男性なら、少なくとも一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

そもそもわいせつなものに関する定義ですが、これについては性器が露出している無修正はわいせつ物、性器が露出していないモザイク有りなら大丈夫と考えていただけば結構だと思います。また、無修正のアダルト動画を個人で楽しむ目的のみで保有している範囲ならば全く問題ありません。

刑法175条で規定されているのは、わいせつ物を頒布、又は陳列した側であって、わいせつ物を個人が楽しむ目的のみで所有しているだけならば違法性を問われることはありません。

また、この法律は日本の法律になりますので適応範囲も同時に日本国内にとどまります。当サイトで掲載されているサイトのうち、無修正の動画を取り扱っているサイトは、全て無修正が合法である、国外から配信されています。つまり、このサイトに紹介されているサイトを楽しむ分には安全だと言えるでしょう。ただ、個人で楽しむ目的のみで持っているだけなら違法ではない。これが自分の知らないうちに頒布していた場合はどうなるでしょうか。もちろん。違法です。

児童ポルノ禁止法を踏まえないと意味がない

無修正のアダルト動画を個人で楽しむ目的のみで所有していた場合には、刑法175条に違反するものではないことは先に述べました。ただ、これと児童ポルノ禁止法は全く関係のないものですので、また別の注意が必要になります。

児童ポルノについては、児童の人権侵害にあたるとして、世界的に規制される方向にあり、国際的にも、児童の権利に関する条約の選択議定書を採択しています。日本もこの選択議定書を締結しており、各国でバラツキがあるものの、国際的に18歳未満のポルノ全般を規制する枠組み作りが進められています。つまり、単純に言ってしまえば18歳未満のアダルトモノはすべて有無も言わさず禁止ということです。

上記の流れをくみ、日本国内で適応されている法律は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(児童ポルノ禁止法)と言います。

児童ポルノ禁止法では、18歳未満を児童とし、次のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものが児童ポルノに該当するものとして禁止されています。

  1. 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
  2. 他人が児童の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為又は児童が他人の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
  3. 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

現在のところでは、児童の水着画像・動画等はセーフとされているようですが、水着とはいっても、極端に露出の高いものについては児童ポルノに該当するケースもあります。また、児童ポルノについてはモザイクの有無は関係ありません。ただ、結論から言うと児童ポルノを単純所持していた場合においては、その所持者は罪に問われることはありません。

知らないところで配布しているかもしれない危険性

個人で楽しむ目的のみで無修正のアダルト動画を保有していてもなんら罪に問われることがないですが、個人で楽しむ目的のみで保有していたにも関わらず、罪に問われる可能性があるのです。

昨今の個人情報流出等の事件を観るとインターネット上では自分の意図せずとも個人情報が外に出てしまう事がわかります。もしこの時、自分が楽しく為に所有していたアダルトが流出してしまった場合は違法になります。もう少し具体的に話をすすめると、Winnyというソフトはご存じかと思いますが、ネット上でファイルを共有するソフトです。これを使い無料で無修正のアダルト動画をダウンロードすると、あなたのパソコンのファイルも誰かにダウンロードされてしまうのです。その結果、刑法175条に該当する。ということです。このことは、とりもなおさず、あなたのパソコンを中継してさらに別の誰かに無修正のアダルト動画をばら撒いていることになるのです。これは、立派な刑法175条違反に該当する行為です。アダルト動画を観たいがために犯罪者になるならば有料の安全なサイトを使う方が特ではないでしょうか。

無修正動画の入手経路は安全な方法で

海外配信のアダルトサイトから無修正動画を入手した場合には、当然ながら、単純所持者は罪に問われません。それでは、配信している側はどうでしょうか。配信している側に対しては、日本の刑法175条や、児童ポルノ禁止法の効果は及びません。つまり一番安全な楽しみかたになるのです。無料で無修正な動画を選びがちな人はもちろん絶対危険とは言えませんが、違法性を伴った行為であることを踏まえると、毎月2~3千円で買える有料な安全アダルト動画を選らんだ方が特ではないでしょうか。